So-net無料ブログ作成

【帰宅恐怖症】原因と解決法!あなたの帰宅恐怖症度をチェック [スッキリ!!]

スポンサードリンク




2月6日の朝の情報番組「スッキリ!!」で
夫が家に帰りたがらない「帰宅恐怖症」が取り上げられていました。

「帰宅拒否症」とも言われ、最近急増しているそうです。


それが原因で離婚にまで発展してしまう「帰宅恐怖症」


詳しく説明していきます^^

スポンサードリンク




帰宅恐怖症とは??


「帰宅恐怖症」とは?帰る家や家族が居るにも関わらず
妻の態度や暴言に恐怖を感じ、妻の居る自宅へ帰ることが苦痛に感じたり、
身体が拒否して帰ることが出来なくなってしまったりする症状のことです。


やすらぎの場である自宅に帰ることが苦痛になってしまうなんて
居場所がなく苦しいですよね。

どうしてそうなってしまうのでしょうか?



原因は??


どんな妻が夫を「帰宅恐怖症」にしてしまうのでしょうか。
その原因は様々ですが、基本となるのは
妻によるモラルハラスメント。

夫に対しての
「暴言」「嫌がらせ」「無視」
精神的な虐待などです。


仕事で疲れて家に帰ってきても
誰も相手にしてくれず、邪魔者扱いで家庭内での孤立

これでは自分は何の為に頑張っているのか
悲しくなりますよね。



夫が帰宅恐怖症になりやすい妻のタイプとは?


帰宅恐怖症の夫が語る妻のタイプは同じタイプが多いそうです。

・完璧主義の女性

・「~するべき」「ねばならない」というこだわりが強い女性

・甘えるのが苦手な女性

・フルタイムで仕事をしている女性

・我が強い女性


その特徴としては

・一言いうと100倍くらいになって返ってくる

・必ず否定の言葉が返ってくる

・夫をバカにした態度をとる

・大きな声で怒鳴る

出典:Latte


帰宅恐怖症になりやすい夫のタイプは??


・生真面目な男性

・争い事が嫌いな男性

・気が弱く、おとなしい男性

・自分さえ我慢すれば・・・と思う男性

出典:Latte


いかがでしょうか・・・。

私は耳が痛いですが結構当てはまってますし、
過去に夫に
「お前と居ると自信がなくなる」と爆弾発言をいただきました^^;

それから少しのことは目をつむり、夫を立てる時は立てるを心がけてますが・・・


帰宅恐怖症になってしまった夫は家に帰るのが嫌で
飲み歩き、その行動が余計に妻を怒らせ、
冷めさせるという悪循環に陥ってしまいます。



では妻は夫はどうすれば良い??


まだ修復をのぞみたいのであれば
お互いに歩み寄る努力が必要です。

会話すらない、顔も合わせたくないような関係だとしても、
とにかく歩み寄ってみることが必要ですよね。


・ねぎらいの言葉を積極的に言ってみる

褒められたり、ありがとうなどはどれだけ言われても嬉しいものですし、
まとめて言うものではないですよね。

なので、当たり前のこととは思わず、何かしてもらったら
”ありがとう”を^^


・いつもは買ってこないケーキを買ってみる(自分のお小遣いで)

無駄遣いしてー!とか私の好きなの入ってないとか文句を言われても
ここはグッと我慢で
「どうしてもお前にこれを食べさせたかったんだよー」
なんて一言言えば奥様も黙ると思います^^


・休日でゴロゴロしたくても奥さんの様子を伺う

休みの時までそんな気を使いたくない!と思うかもしれませんが、
家事に育児にはお休みなく訪れます。

そこで忙しそうにしている奥様に全部お任せではなくて
「何かやろうか」など一言声をかけるだけで状況は全然変わります。

自分の事を気にかけてくれていると思って奥様も嬉しくなるはずです^^


・脱いだものは洗濯機へ

これは周りの奥様皆いってますが、
脱いだものは洗濯機へ!は基本中の基本です。

他のことまで気が回らなくてもこれはやったほうが奥様のストレスも
だいぶ軽減されますし、あたりも緩くなると思われます(笑)



・・・と、だいぶ私情を挟んでますが
ご参考になれば幸いです^^;



夫が帰宅恐怖症に?妻の行動チェック


番組内でこんなチェック法が紹介されていました。
チェックしてみてください^^


①夫にあいさつしない

②夫にあまり笑顔を見せない

③夫のことを無視することがある

④夫を管理している

⑤子供は自分(妻)のものだ

⑥子どもの教育方針は自分(妻)が決める

⑦頼りになるのは実母

⑧夫の母親が嫌い

⑨女系家族で主導権は女性

⑩友人など話し相手が少ない


これは奥さん目線ですね。
旦那さんでしたら、自分の妻にされている行動かどうかを
考えてチェックしてみてください。

3つ以上で予備軍

5つ以上で夫が帰宅恐怖症になっているかもしれないそうです。


お互いに思いやりを忘れず、
夫婦共に居心地の良い家庭にしたいですよね!!


最後まで読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク



nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。