So-net無料ブログ作成

恵方巻きの食べ方具材のルール☆恵方巻きの由来やルーツは? [イベント]

スポンサードリンク




1月ももう終わりに近づき、
2月になろうとしていますね。


2月といえば早々に
”節分”というイベントがありますね!

「鬼は外ーー」の豆まきと共に
今や節分に恵方巻き丸かじりは恒例行事となりましたが、
これっていつから恒例になってましたかね!?

私の小さいころはこんな丸かじり習慣はなかったですね。


かじり始めたのも私はここ10年程前からのような気もしますが、
皆さんはどうですか?


いつからこのような行事になったのか調べてみました。

スポンサードリンク




元々恵方巻きとは大阪地方を中心に、
節分に食べると縁起がいいされている
「太巻き」を食べる習慣でした。


その頃は恵方巻きという名称はありませんでしたが、
その名称の名付け親はなんとあの

『セブン-イレブン』

1998年(平成10年)に商品名に

「丸かぶり寿司恵方巻」

と名付け販売したことにより広まったとされています。


それ以前は「丸かぶり寿司」「節分の巻きずし」
などと呼ばれていたようです。


さすがセブン!!(@_@;)


恵方巻きの食べ方も気にして食べたりしてますか?

実はこんなルール(?)も


恵方巻きを食べるときのルールは

節分の夜に、その年の恵方に向かって
無言で、願い事を思い浮かべながら
太巻きを丸かじりするのが習わしとされています。

しかし地方によっては、
「笑いながら食べる」
という人もいたり、様々なようです。


我が家では一応その年の恵方に向かって食べてはいましたが
無言でというのはしりませんでした。

そして夜がいいんですね!
今年は願い事と煩悩だらけで
黙々と食べようと思います( ̄ー ̄)ニヤリ



さて、最近では色々な具材の恵方巻きがでてますが、
中味のルールはあるのでしょうか?


恵方巻きの具材は7種類の具材を使うとされており
その由来は七福神に因んだもので、
福を巻き込むと意味付けされます。


他にもきゅうりを青鬼、桜でんぶや生姜を赤鬼に見立てて
「鬼を食べて」鬼退治するという説も。


具材は何を使っても良いみたいです^^

最近は海鮮やサラダなど色々あって食べ比べも楽しいですよね。


デザートまで恵方ロールケーキなんてありますし、
2月3日は恵方ずくしで縁起担ぎしてみてはいかがでしょうか^^

ちなみに今年の恵方は西南西です!


最後まで読んでくださってありがとうございましたm(_ _)m

スポンサードリンク




nice!(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。